わたしの好きな「綿の国星」

綿の国星は大島弓子さんが描いた作品です。小さな猫の目を通して人間の生活や世の中を見ることができる物語なのですが、はじめて読んだときは衝撃を受けました。
空を飛んだり、魔法を使ったり、そういった不思議なことは一切起こらないのに、ファンタジーを感じるのです。これは作者の大島弓子さんが世の中をこのような視点から見ることができるかただからだと思います。
そして、猫が体験するのは良いことばかりではありません。第一話ではいきなり「死」というものを学びます。そしてその後も、魚を盗もうとして人間に傷つけられてしまう野良猫や、ペット禁止の賃貸物件で犬や猫が殺処分されるといった厳しい現実に直面します。しかし、救いがないわけでもありません。辛いエピソードもありますが、どこか癒されるのは大島弓子さんの素晴らしい才能のおかげだと思います。
わたしが生まれる前からあるマンガなのですが、こんなに新鮮な気持ちになるマンガは初めてです。

ニックネーム チビ猫 35歳プリートの割引クーポンについて調べる方はこちら

わたしの好きな「綿の国星」

マンガに関する記事です。

今も昔もそうですが漫画を集めるのは子供の役目といいますか子供は大好きです。自分自身もそうでした漫画を1巻から集めるのが大好きでした。お小遣いを握り締めて本屋さんで新刊が出るのを楽しみにしていました。私の子供達も今そうしています。漫画は夢があってとてもいいと思います。漫画を集めること自体消して悪い事ではありませんし昔は今と違って腰回収に出していました。今は漫画を売る事ができるので私は凄いエコだと思います。漫画を売る事ができるなんて最先端だと思います。今までにはあり得なかった事です。そして今は新品を買わなくても中古で漫画が全部揃います。新品の半額位で揃ってしまうのがとてもいいです。まさにエコ生活しエコ時代です。私の小さい頃はドラえもんやちびまる子ちゃんをよく集めていました。今現在は進撃の巨人や亜人等です。今と昔はずいぶん違うなと思いました。現在のは描がグロテスクですし少々内容も怖いです。昔の漫画本は良かったです。ストラッシュ(STLASSH)割引を使って予約したときの割引料金

マンガに関する記事です。

溺れるナイフ が好きです

ジョージ朝倉 作の溺れるナイフが好きです。

田舎に住むカップルの描写や、主人公が小学生から高校生になるにつれての心境の変化や、それでも相手に対する根本的な想いは変わらない所などがリアルに描かれていて、物語に引き込まれました。

主人公の夏芽は小学生の人気モデルをしていたのに、両親の都合により田舎に引っ越してモデルの仕事を諦めなければならず、がっかりしていた所で運命の人、コウに出会います。

コウの不思議な魅力に魅せられ、夏芽は色々と振り回されたり、別の女の子に嫉妬を感じたり、相思相愛だったり、離れ離れだったり。

少女漫画にはよくある設定ではありますが、背景やコウの立場などが異色な感じで、夏芽の気持ちがみずみずしく感じられます。

きゅんとさせられたり、心臓をぎゅっと掴まれるような痛々しい、心の悲しみが伝わってくるシーンなど、見所もたくさんあります。

ラストは少し切なくもありハッピーエンドでもあり、生き生きした素敵な漫画だと思います。楽器売却のやり方はこちら

溺れるナイフ が好きです

読むたびに胸がキュンキュンしてしまう、コレットは死ぬことにした

村で唯一の薬師(医者)のコレットは昼も夜も無く村人から助けを求められワーカーホリックになり井戸に飛び込んでしまう。井戸の底は別の世界につながっているという伝説があったため別の世界に逃げようと思ったのだ。しかし飛び込んでみたらそこは何と冥府だった!コレットはそこで病気で臥せっていた冥王ハデスの治療をすることになる。口数も少なくなかなか心を開いてくれないハデスだったが薬師という仕事に誇りを持ち一生懸命なコレットと接しているうちに少しずつ心を開いてくれるようになる。コレットも小さい頃に村が流行り病で全滅し孤児となり早く一人前の薬師になりたいと恋も遊びもせずに生きてきたのだがハデスと会ううちにだんだんと惹かれていっている事に気が付く。でもハデスは神様。自分はただの人間で結ばれる事は難しいと悩む二人。
まだ連載中なのですが酔っ払ってコレットを自分の膝に座らせたまま離さないハデスや、寝ぼけて一緒のベッドで寝てしまい翌朝照れあっている二人を見ているとキュンキュンしてしまいます。特にハデスは長く生きているだろうに少年のようなピュアな心を持っているのでドキドキしてしまいます。この先二人は神様と人間という垣根を越えて結ばれるのかものすごく気になるところです。

まり 46歳さらに詳しい内容はこちら

読むたびに胸がキュンキュンしてしまう、コレットは死ぬことにした

私の好きなマンガ「大家さんと僕」

芸人カラテカの矢部太郎さんが初めて書かれた4コマ作品です。話題になっていたので読んだところ、90歳近い女性の大家さんのお家の二階に間借りしている矢部さんが、最初は戸惑いながらも大家さんとの距離を縮めていく過程が非常に温かいです。

このお話は単にお年寄りに優しくとか、そういう説教がましいものではなく、年齢を超えた友情や理解についても、倍くらい年齢が離れていても、性別が違くても、親友のような存在になれるという点がとても斬新で、なおかつ素敵です。晩婚化で独身が多い若年〜中年層と、伴侶に先立たれたり離婚して一人になってしまったお年寄りの新しい生き方提案のようで、一つの将来への希望にもなっているように思います。

また、大家さんの古風な上品さが素晴らしいです。本来の日本女性の美徳のようなものを感じ、老い方を羨ましく思いますし、また、いい意味で人に流されない頑固さも、長生きの秘訣なのかと思いました。

絵柄もシンプルで読みやすく、お話のエピソードは四コマをこえて紹介されることもありますが、最近のリアル・緻密が作画に求められる漫画界の中では、シンプルさ、あっさりした作画の良さを感じます。
続編も楽しみですし、何度読んでも心が洗われる作品です。

【みるたん 45歳】アリシアクリニック

私の好きなマンガ「大家さんと僕」

私が好きな漫画「ボクが○○になった理由(ワケ)」

この作品は、母親と二人暮らしの10歳の小学生「龍三郎」が主人公の、田村由美先生の漫画です。
元女優で家事が一切出来ず、通販で欲しい物を大量に買う自由奔放な美しい母親「蝶子」と、それに苦労しながらも家事や買い物をこなし逞しく生きる龍三郎の様々な話が読めます。
続き物風でもありますが、一話完結で短編集としても読める形なので途中から読んでも分かりやすいと思います。
それぞれの話によって漫画のタイトルが変わり、話の内容の質がかなり良くて読み応えがとてもあります。
例えば「ボクがゴミを捨てた理由(わけ)」という話では、龍三郎が小学校のボランティアでとある汚い池の掃除に関ることになります。
そこには一匹の亀が住んでおり、汚い池の中で一生懸命生きています。
その池と亀に関する漫画なのですが、ゴミの不法投棄問題に関して考えさせられたりしますし、また龍三郎のゴミの不法投棄犯を捕まえようとする正義感に感動したり、逆に捕まりハラハラしたりもします。
「ボクがボクを忘れた理由(わけ)」では、いつも自由奔放にしている母親の、龍三郎に対する愛情がどれだけ深いのかが伺えて少し泣けました。
母親の愛情はその人それぞれなのだなっと…。
後々に父親も出来て段々幸せ度合いが増していく龍三郎なのですが、本当にどの話も面白いです。
現実離れしたあの世の話等、ちょっとしたファンタジー要素が入った話等盛りだくさんです。
ぜひとも龍三郎を通して色々な話を堪能してもらいたいです。

ニックネーム:ぽんた
年齢:35歳脱毛の口コミなら女子脱毛

私が好きな漫画「ボクが○○になった理由(ワケ)」

私が好きなマンガ「ときめきトゥナイト」

私が小学生の時に、好きで好きでたまらなかったのが、この「ときめきトゥナイト」でした。
少女マンガ雑誌として、今でも人気が高い「りぼん」で連載されていて、毎月楽しみに読んでいました。
魔界から来た女の子である江藤蘭世が、人間界の男の子である真壁俊に恋をする事から全てがスタートするのですが、最初はラブコメ要素が強いんです。
でも、途中から俊が実は魔界の王子様だったり、魔界に危機が迫ったりと、かなりドラマティックな展開になっていくんです。
そして、なんといっても真壁くんがとにかくカッコ良かったんです。
いわゆるツンデレタイプで、甘い言葉を囁くようなキャラクターではなかったのですが、時々すごく優しかったり、蘭世の事をとても大切にしていたりと、読んでいて思わず胸キュンしてしまうシーンが多かったんです。
そして、壁ドンシーンがかなり印象的でた。
危険な事に蘭世を巻き込まない為に、真壁くんが壁ドンをするのですが、そこがたまらなくカッコ良くて、何度も同じシーンを読み直しました。
初恋がまだだった私にとって、まさに真壁くんが初恋の人でした。

ユキ、43歳おすすめの痩身エステはこちら

私が好きなマンガ「ときめきトゥナイト」

マンガは親子で楽しんで読みます

マンガは名探偵コナンをよく読んでいます。親子で大好きなマンガなので、名探偵コナンの映画が上映されると必ずと言っていいほど映画鑑賞するようにしています。名探偵コナンは、江戸川コナンの活躍ぶりにいつも感動しますが、ストーリーの展開がとても面白いので飽きがこないですし、いつもながら楽しくマンガの中でも名探偵コナンは親子で楽しんでいます。推理部分にいつもながら、その後のストーリーの展開が気になり、マンガも続きが気になるので、ほぼ全巻持っています。名探偵コナンは、外国旅行した時なども外国語でマンガ本が販売されているので、アメリカ旅行した際には、名探偵コナンの英語版マンガを購入しました。最初は読みずらくてもマンガの絵を見ながら英語での表現の仕方を少しずつ理解できるので、語学の勉強もなるしマンガを通して抵抗感なく楽しめるので、けっこう旅先で名探偵コナンのマンガ本を見かけたら購入するようにしていますし、英語も苦手意識持たずに楽しめるようになりました。
【ちゃこママ・43歳】津田沼脱毛について調べている方はこちら

マンガは親子で楽しんで読みます